ロレックスブログ2020

数字の代わりに、BEAMSが自家製の2018モデルの時計を発売

昨年の日本のファッション名であるBEAMSは、「一」から「十一」、中国古代の十二支の「子ブイスト・辰巳午未申玉子の亥」をデザインに使った自家製腕時計が発売された。今年のBEAMSは、数字の代わりに漢字の代わりにしていたが、表の選択ではさらに簡単に、円形の金属の表盤が革の表帯を組み合わせ、12時には依然として富士山の丸いアイコンで「12」を表す。このシリーズは3色のオプションがあり、12月下旬に発表される。興味があるならば、BEAMS Japanの門店や公式サイトで予約することができる。


Scroll To Top