ロレックスブログ2020

腕時計は右手がおかしいと思う人がいますが、あなたはどう見ますか。

前の1人は時計を日に当てる(『『秀表堂』はあまりにも横暴で、ロレックスはいよいよ鬼王になります」)、腕時計は右手で、結果は「右手がおかしい」とコメントしている。このコメントを見ると、ウブロコピー腕時計が左手をつけるか右手の問題になっているのか、今日はちょっと話してみましょう。
実は戴表は左手か右手のことなのかというと、すでに皆さんから様々な方面から議論されていて、「男左女右」という人もいると思いますが、「右手」という人がいて、「左手」という人がいると思います。原因は、五花八戸であり、最も印象的なのは、左折をつけても健康と関係があることです。その大きな理由はどうなのか分からないが、私にとっては、腕時計は左手か右手の問題で、「ちまき」という問題のように、何の意味もあるとは限らないが、「戦争」は古くからある。
中国の伝統的な習慣から言えば、戴表は男性の右の女であるべきだ。「五運暦年記」は、中華民族の日月二神は盤古氏の両眼になっており、日神は盤古氏の左目になっている。月神は盤古氏の右目に化され、民間に伝わる「男左女右」の習慣は、ここから来ている。以前は、公衆トイレ、男性左女右、結婚戒、男性左女右、また、結婚写真、夫婦2人が出席したマナーの場など、男性は往々にして左、女は往々にして右にあります。位置を逆さにすると、「男左女右」に反するとの笑いがある。しかし、我々は、現代の社会では、自由と個性を追求し、さまざまな理由を加えて、多くの伝統的な習慣がもう無理な要求ではないことを知っています。私が見てみると、多くの人は、男女を問わず、左手をかぶるのが好きです。


Scroll To Top