ロレックスブログ2020

ベニス映画祭受賞者に敬意を表した

第71回ベニス国際映画祭が9月6日に日没して幕を閉じ、スイスの高級製表の模範Jaeger – Laegerの積家はベニス国際映画祭の公式パートナーとして、今回の最優秀映画「ゴールデンライズ賞」と最優秀男女の俳優賞の受賞者に特別カスタマイズしたREersoの回転腕時計を授与した。また、ベニスの双年展を手にしてアメリカ映画監督のジェームス・フロンコ(Jamesフロンコ)が2014年度の積家監督栄誉賞を受賞し授賞したと発表した。
スウェーデンのロイ・アンドソン監督が監督した映画「寒枝雀静」(A Piggon Saton Satanchanching onエキスポンス)で最優秀映画「金獅子賞」を受賞した。「飢餓の心」(Hungethiting)で夫婦役になったアメリカの男性俳優、アダム・ドラフさんと、イタリアの女優、アルバ・ロルワール徹(アルバロウィーバー)が、それぞれ最優秀男女の俳優賞を受賞した。記録的なREersoの回転腕時計を受賞者に授与される。この3枚のReersoは、ベニスの映画祭に特にカスタマイズされ、「71 .モストナ」(第71回ベニス国際映画祭)という文字が刻まれ、ベニスの漆絵雄獅子を手にしたものだ。


Scroll To Top