ロレックスブログ2020

李ニシ係に文大統領のサインを受けるBTSを逮捕

BTS(防炭素年団)のメンバーが,フランス·パリで文在寅(ムン·ジェイン)大統領記念時計(別名,伊西系)に文大統領のサインを受ける姿が捉えられた。

14日(現地時間)午後,フランス·パリのトレジアムアート劇場(Theatrele 13枚)で行われた韓国-フランス文化交流イベント”韓国音楽の響き-友情のコンサート”の直後だった。

今回のコンサートにはフランスを国賓訪問中のムン大統領が出席し,BTSは公演を行った。

公演直後,BTSメンバーらは明るい表情で文大統領と握手を交わして記念撮影をした。 時計にサインをもらうことも,この過程でなされた。 一部のメンバーらは,大きく腰を下げて文大統領と夫人の金貞淑(キム·ジョンスク)氏に挨拶をした。

ムン大統領は現地メディア”ル·フィガロ”(Le Figaro)とのインタビューで”文化で世界で最もリードし,誇りの高いフランスでK-popが評価を受けるという点に感謝しながら誇らしく思う”と述べた。

文大統領は”韓国人は’情熱と興’があふれる民族であり,私はこの点を非常に誇りに思う。 K-popはこうした韓国人の”熱情と興”の発露で,”地球村時代に韓国人の”熱情と興”を通じて国境を越えて,お互いに愛し,言葉を超えて理解し合い,世界の人々が夢に向かって挑戦するように応援しているのだ”と語った。

それに先立って,同日のコンサート舞台ではBTSが紹介されると,客席から大きな歓声が上がった。 代表曲”DNA”が流れると,多数の観客が歓呼し,スマートフォンで公演を撮った。

米ニューヨークでBTSに出会ったことのある金正淑(キム·ジョンスク)夫人も歓呼を送り,中々腕も振った。 文大統領も腰を前に引いて公演に集中する様子だった。

歌が終わるとBTSは”こんにちは,方炭素年団です”と韓国語で語り,フランス語で挨拶をした。 リーダーのRMがフランス語に挨拶すると,客席から歓声が上がった。 メンバーたちは順番に一人ずつ紹介し,フランス語の挨拶も付け加えた。

RMは”うちがここパリで両国貴賓たちを連れて意味深い行事に参加できるようになって心より光栄だ”とし”今欧州ツアーを行っているが,パリでも数日後に私たちのコンサートを進める予定だ。 大勢の成員をお願いする”と述べた。 また”大韓民国の多様なジャンル,アーティストたちが文化交流を通じてより多く紹介されることを望む”と述べた。


Scroll To Top