ロレックスブログ2020

スイスの腕時計は滑り止めの裏黒手を秘める

時計業界といえば、スイスは市場第一の座をしっかりと占めていたが、最新のデータから見ると、昔の世界の巨人は坂道を下りている。スイス時計連合会が発表したデータによると、スイスの時計は5月の輸出額が同9.7 %下落し、16億スイスフランに達した。今年のスイス時計の輸出額は、5カ月連続で下落し、2012年の水準を下回ったという。
香港はかつてスイスの世界最大の輸出市場であり、今でも16カ月連続で落ち込んでいて、下落幅はさらに16.8 %に達した。続いて見られたアメリカ市場も、4カ月連続で上昇し、2.1 %の下落傾向にある。ヨーロッパ市場の表現は更にひどくて、イタリアとフランスの輸出額はそれぞれ20.9 %と18.4 %下がって、唯一幸いなのはイギリス市場で、大きな環境の影響の下で意外にも温度を返して、下落幅はわずか2.5 %だった。日本市場は中国人観光客の冷え込みに従って11.9 %を迎えた。それは、大陸市場がスイスの輸出市場の前五の座を成功させたことで、4月の暴落を経験した。
多くの材質の腕時計の中で、貴金属の時計の輸出額は最も高く、23.6 %に達し、全体の輸出額に大きな影響を与えており、貴金属が腕時計業界全体の矢面になっていることは疑問ではない。また、鋼製の時計の輸出量も楽観を許さず、9.1 %を下げた。
輸出価格では、500~3000スイス法郎(人民元352~20716)の腕時計は比較的安定し、下落の兆しが2.4 %と明らかになった。価格は200スイス法郎(約1381元)を下回った時計で、輸出額は同5.5 %低下した。下落幅の最大の当属価格は200~500万スイス法郎(人民元1381~352元)の腕時計で、輸出額は16.8 %に上ったが、価格は3000スイス法郎(人民元20716元)以上の腕時計は同病相で14.6 %となった。


Scroll To Top