ロレックスブログ2020

唯一、傘下の製品を補修できるメーカー

そびえる腕時計の領域のトップブランド――フィリップは約200年の歴史を持つだけではなくて、その生産数々の経典の作品で、しかもその製造プロセス及び技術も驚くことに、その腕時計の価値と呼ばれるて、十分に時計界の「宝物」。ブランド設立の百年の歴史の中で、パテックフィリップずっと堅持して「承は伝わる良質」の伝統は、これがオークション週に一回また一回更新される記録。
一枚ずつフィリップを保証するためにもなることを「珍品」以外で、パテックフィリップ保証設計当初のハイエンドの素材と技術を溶け込んで、同時にまだアフターサービス及びメンテナンスについて足を作っていた宿題。世界各地で全世界の顧客サービスセンターを設けてかもしれClentsサービスセンター)訓練合格の修理時計職人、さらにジュネーヴPlan-les-Ouates本部に選択のアンティーク時計修復するすべての部門、フィリップ出産の骨董表は円満に修復。
パテックフィリップに理解の友達を知っているべきだ、早くも2009年フィリップからジュネーヴ印の「束縛したセット」、自主的な検証資質フィリップ印は、一般的なPP印。このセットは最初からの部品の検査認証機構、全表機能、美しさ、全体の価値、アフターサービスがなくなるか。パテックフィリップコミットメントは、1839年に創立以来のブランドにして時計の作品は、検査、メンテナンスを提供することができ、補修、アンティーク時計の修復。


Scroll To Top