ロレックスブログ2020

古いものがつづる技術のステンレスめっきはエナメル

ロンジンは、180年以上の輝かしい歴史を持っています。歴史が長くて、底が深いのかもしれません。どうして波が好きなんですか。
この3つの波の笛の骨董品の時計はすべて波のピアノの時計博物館の中の蔵品で、いくつかの設計は今日のロンジンの中でまだ見ることができます。その上、時計金以外の時間の原因によって一定の損失があることを除いて、見るのが比較的古い以外に、この3つの腕時計は現代に置いて直接かぶっても圧力がなくて、とても優雅でいいです。次はそれぞれこの3つの腕時計を見に来てください。
ロンジンは1919年、懐中時計が腕時計に転向している1910年代。この時計の上で私たちはまだいくつかの懐中の特質を見ることができて、たとえば丸くて旺盛な表殻、巨大な玉ねぎの頭の表の冠など。小さくて繊細な時計耳も、当時は腕時計に向かっていたので、今日はめったに見ない。
腕時計は白いエナメルの表盤を採用していますが、この点は以前は懐中表によく出てきました(今もブランドが使われていますが)、白エナメルの表盤に大聖堂の針を組み合わせたのが20世紀初期の時計の特徴です。大号の針と大号のアラビア数字の時にはラジウムの夜の光を塗っているが、今はラジウムの有害さを知っているが、当時はラジウムの光が夜の光の主流である。このようなディスクのデザインは波の音に戻されていたので、皆さんに紹介しました。


Scroll To Top