ロレックスブログ2020

スイスの製表と中国の古楽の衝突

11月15日、スイス・上海の総領事の官邸を訪れた「中国の古楽:古琴、チョークコンサート」を迎え、スイスの上海駐在総領事のホ力軒(アルクランダーHchfet)は、多くの国内外の友人と共に来場し、中国の琴の巨匠、陳金龍さんと弟の陳理の古琴の演奏を鑑賞し、中国と書道の絵を描いた家協会会員の章子敬さんが演じた中国の書道芸術。アークドロは今回の活動に力を入れ、楽曲を体験するとともに、時計の芸術の美しさを見習うことができる。
陳金龍さんは弟子の陳理を携えて古琴、チョーク、ショウガとギターで三千年の歴史を持つ古琴芸術を演じ、古典と現代の時空会話を始めました。古琴の楽音は婉曲で、メンズファッション秋穏やかで穏やかである。自然の和やかな音に満ちた曲が官邸内に囲まれ、中国の古典芸術の素晴らしさを、居合わせた賓客たちに深く感じさせる。
「大雅」、「広墓散」などの古曲を除いて、陳さんはまた、「月の光」、「愛のロマンス」などの西洋現代の楽曲を演奏し、音楽で「古は今用、西洋は中で使う」と解釈し、「古楽」と「古楽器」を現代に引き込ませ、現代における生命力を引き継いでいる。章子敬さんは筆を使い、共に客のために聴覚と視覚の二重の楽しみを持ってきた。
スイスの上海駐在総領事のホ力軒氏は、コンサートの前で「中国に駐在する外国機構の代表として、主賓国だけでなく我が国の文化を普及させ、さらに積極的な国の伝統文化の間の対話に身を置くべきだ」とあいさつした。これはアークドロというブランドの精神と一致していた。ブランドは1738年に世に出てきたが、創始した創造者のイノベーションと美学の理念に従って、独特の工芸デザインで精密で詩的な華美時計を作り、時代と共に芸術の奇跡を切り開く。


Scroll To Top