ロレックスブログ2020

海外で購入した波ピアノの名匠基本金開箱作業

私はずっと腕時計が好きで、子供の時に毎日する必要がある授業は、お父さんの上海の時計に鎖をつけて、それから耳にして、その心地よい音を耳にします。私はたくさんの夜が音に伴って寝ているのですが、小学校の時に外国人の友人にスワキ時計を送ってくれました。92年で三年生になったら、何を知らないのか、ただ色があまりにも花だと思っています。私を軽蔑してはいけません。初一の先生が授業をするには時間が必要で、私の腕時計を使って、「ああ、やはりスイス製ですね」と言っていた。いい時計はスイス製だったと知った。
その後、ゆっくりとBP機や携帯電話の時代になって、高校の大学がよくプレーして、腕時計がだんだん私の視野を離れてしまった。仕事に至るまで、会議や報酬になるたびに、周りの同僚が腕時計を持っていることがわかりました。自分にとっても一塊だと思います。それから、時計を選ぶことになりました。その時のレベル値は電子と機械表を分けて、ブランドに対しても王府井にある各種の時計の看板にとどまっていた。最も印象的なのは、波の翼の砂時計とOのマーク。だから、先にネットで補習を補って、誤って愛表族にぶつかったことを決めて、入ってきてやっとこれが穴だと知っていた。天坑。腕時計の世界はもともとこんなに多彩であることを知っていた。
私はゆっくりと学習の過程を始めて、もっと勉強するのが好きなのが多くて、しかし価格を見た後にまた私に引き延ばして現実の中に戻って来ました。まず予算の計画を立てて、フォーラムの学習で中国の価格があまりにも多くて、ちょうど会社の国外のプロジェクトが多くて、東南アジア、北米、ヨーロッパ、中東、北はすべて駐在の構造があることを知っていて、だから同僚にあちこちで価格を尋ねて、ドバイのショッピング祭を知っていて、価格はやはりよいと感じます。でも、知っている時のイベントが終わったので、次のことしかできません。ちょうどこの時間で選択表を選ぶことができます。
予算によって範囲を一つの二等に決め、一苦労を知る。でも、コーナーに行って、気になった気場を見ていたのは、自分にはありませんよ。まだ30歳になったのは、まだ練習しなければならないということだ。じゃ、私の好きなOを見てみましょう。子供のころ、上海の時計の印象が私に大きく影響していたので、OのAT8500に惹かれてしまいました。それは彼のことだと思いますが、専門店に行ってみると38の灰を選んで、ショッピングデーに手を入れることにしました。しかし、10月に時計店をぶらぶらしていると、突然、青い皿の8500を見ました。あの色はとてもびっくりしすぎて,この金を志して買わないことを志している。買い物祭の開始を根気よく待っていたが、同僚が出張していたことを知っていたが、ショッピング祭は1週間後にドバイに戻ってきて、私に3つの青い皿が全部売られていたことを知らせて、注文は2ヶ月かかると言われた。モノクロは、価格は2.35 W。瞬時に石化していたが、青は私の印象があまりにも深いので、Oを諦めることにしました。でも、時計は買わなければなりません。普段注目されているのがOと波の掲示板(翼の砂時計のイメージがあまりにも深い)、波に対する時計の金もよく知っていて、自分の審美を加えて苦労していないという選択をしたという。古典的な3つの針、青の針に白のシャーベットを加えて、本当に大好きです。直接に同僚に知らせて、最初に宿題をして皆さんと分かち合います。こんなに多くの直接図を出すと言った。


Scroll To Top