ロレックスブログ2020

10年前にロレックスのサブマリーナ(16610)を購入した話

進研ゼミの付録のデジタル時計をつけて以来、腕時計を付ける習慣はなかったのだが、
時計は社会人の必需品という事で購入を決意しました。
ここに惚れたよサブマリーナ①
シンプルすぎず、派手すぎず、仕事にもプライベートにも使えるデザインに惚れました。
ミーハーなのでロレックスというネームバリューにも惚れました。
しかし値段が・・・高校生の時に買った中古バイクが4台は買えるであろう金額・・・
“i have a bad feeling about this(嫌な予感がするぜ)”
ここに惚れたよサブマリーナ②
ロレックスなど人気の時計は、購入価格とほぼ変わらない値段で売れる場合が良くあるという情報を入手して惚れました。
『時計は資産という考えもアリだなぁ~』『お金を銀行に眠らせるくらいならカッコいい時計にしよう~』
と強引に自分を説得していざ時計屋さんへ
“it’s better to be dead & cool than alive & uncool(ダサく生きるならクールに死のうぜ)”
ついに買ったぜサブマリーナ
新宿にある時計屋に入るとそこには雑誌で一目ぼれしたサブマリーナ(中古で30万円)がありました。早速試着させてもらいました。
『お・・重い・・これが高級腕時計か・・・』というのが率直な感想でした。
これはもう買うしかないな!一世一代の買い物を決意しました。
頭金10万円&分割20か月でついに念願のサブマリーナを購入しました。


Scroll To Top