ロレックスブログ2020

女表勢力の台頭2014トップクラスの時計壇の6大トレンド

1
中価格は製品を持っているのが低くて、販売の最適な区間となっていて、この区間のティソ、波ピアノなどのブランドの業績も確かに年々膨張して、量が大きく物料のコストを下げて、市場により合理的な価格を与えて、同時にもっと良い利益を創造します。その他のブランドも積極的に性の高い製品に比べて積極的に提供して、万宝竜の1匹のバラの金万年暦はただ66万台の通貨だけを定価にして、大幅に減少した万年暦の機能を持つドアキャンデーは超値といえる。
2 .簡明な経典至上、市場受容度の高いモデル優先
市場の業績は依然として保守的で、なお主要市場の中国の喜びは円表、簡約に集中しているので、ブランド年度の新金戦略もこれを主とし、2針、3針の所在が多く、サイズが40~42 mmに落ちている。複雑なデザインも伝統的な配置を選び、運動表を主線にしたロレックスも押しているクラシックな丸い殻を出すCeriniシリーズ。基本的なものとはいえ、細部への進級も旧作とは隔てられていて、大明火のエナメル麺、アクドロがシリコンを搭載するなど、内外のプラスとなる。
3 .構造の限界に挑戦して、より軽く、より薄くしなければならない
デザインの簡素な前提の下で、複雑な技術は自然に機能面から薄型化に移行することができる、そして基礎機能に限らず、例えばブルガリに匹敵する超薄型の手に三針を練るツボ機のコア、積み木の薄い三問陀飛輪。軽量化された別段は透かし彫りで、ごく限られた板挟みの支えとして、機械構造と視覚感覚に対する試練であり、江詩丹食は新作、積み込み家の改款後の華麗版Hybersticaシリーズなど、素晴らしく見える。


Scroll To Top