ロレックスブログ2020

呉秀波は新川三宝杭州店に来て宝の海の魅力を感じます

2016年9月23日、呉秀波はハンディリグループ杭州ビル店で現れ、宝網心系海洋巡展杭州駅の公益活動に参加し、現場では津波の叫び声が勃発し、人の群れは「男神」、「波おじさん」などの称号を叫んでいたが、今回の呉秀波の出席は俳優やスターではない。宝ペ50は「心系の海の行動派」として、自分のホームで海洋公益事業を宣伝し、より博愛な呉秀波を見た。
本日、スイストップの腕時計ブランドのBPW「ハート系の海」をテーマにした杭州で、ブランドの親友の呉秀波さんが開幕活動に出席し、「心系海」の青い旅を続ける。「海の意識を起こし、生命の情熱を伝え、青の海を守る」というのが「経典時計の創案者」という確固たる信念――今日に至るまで、「心系の海」という名で、世界的に多くの海洋公益プロジェクトを推進する。この巡展は、この事業の成果と進展をまとめたものであり、深海芸術(Art in Ocean)、深海探索(Oceanエキスポ)、激励の創始(Ecouring the Initiatves)などのテーマと、専門の潜水腕時計鼻祖五十路腕時計家族の展示である。2015年のバーゼル初のショーの後で、「心系の海」ツアーのテーマ展は北京、深圳、瀋陽などの都市を経て、中国の公衆の海に対する関心、理解、愛と保護を呼びかけて、この新しい青い旅は無錫駅、上海駅の後に第3駅の杭州駅に来ました。イベントでは、BMWグローバル副総裁のマーカー・Junicoさん、BMW中国区副総裁のジュリーさん、ブランドの親友の呉秀波さん、ハンディリグループの盛時表行総裁の監督整軍さん、杭州ビル有限会社総経理のジョー勇さんが出席しました。
BMWグローバル副総裁のマーカー・Junican(中)、BMW中国区副総裁のジュリア氏(左一)、宝パブランドの親友呉秀波さん(左二)、ハンディリグループの盛時表行総裁の監督整軍さん(右一)、杭州ビル有限会社総経理のジョー勇先生(右二)が活動を祝う


Scroll To Top