ロレックスブログ2020

豪利な時は北京東方広場の専門店が盛大に開幕した

豪利な時にグローバル総裁Mr . Ulrich Herzog、中国区総経理の厳民輝く先生、冠亜名表城総経理のパン国成さん、東方広場有限会社社長の劉領峰さん、ブランドイメージ大使と100人のゲストが、専売店の開幕盛景を共同で目撃しました。
百年のブランドの豪利な時、1904年に創立して今まで、高い精密機械腕時計の開発と製造に力を入れて、ずっと独立を堅持して、技術と革新の道の上で絶えず進んでいます。
豪利の時、北京冠亜名表城東方広場専門店は東長安街1号、王府井通りの南首に位置している。絶好の地理的な位置で豪利な時に初の北京の専売店が注目され、京城の宝地にもっと明るい風景を添える。
豪利な時は北京の専門店の設計は簡素化して、至る所にスイスの製表の独自の精密な訓練を配布しています。目に映る赤い機軸が目に残るのは忘れがたい。豪利な時は機械腕時計の理念に集中する。専門店は豪利な時の文化、飛行、レース、潜水などの4つのシリーズ表を丹念に陳列し、弥足の貴重な限定表の金を提供して、京城時計愛好家に満足して鑑賞する。
豪利な時のグローバル総裁Mr . Ulrich Herzogさんは「北京は長い歴史と深い文化の基礎を持っており、同時に多くの国際ブランドの市場重心がある。私は豪利な豪利の時に北京の専門店が今日正式に開幕することを喜んで、私達の優良品質の製品と細やかなサービスを通して、多くの北京の消費者に豪利の時の悠久の伝統と完璧な工芸を見せることを望みます。


Scroll To Top