ロレックスブログ2020

自主の道で豪雅なスイスのCheenez工場が運営する

腕時計は今でも手作りで主な生産活動を行う製品だということです。その自分の特性は、自主的な開発能力を持つ腕時計であるほど、市場でより強力な位置を占めることができる。豪雅なブランドは数年の発展の中でだんだん強くなってきた。
2013年下半期の豪雅は、スイス汝ラス州のCheenez工場に正式に運営され、Cortech工場の殻の生産業務を統合した。これはブランドが独自の自主的な一歩を踏み出したことを意味している。Tag Heuerは産業化の発展の上ですでにはるかにリードしていて、あれらの悲惨な経営の制表企業のために1つの積極的な手本をしました。ブランドのフランスの高級品LVMHグループの最高の支持は、強力な資金の後ろ盾がない単一のブランドにとって、非常に幸運なことであり、もちろん自分自身の優れた表現にあります。
1887と1969の2金のカウントダウンを発表した後、ブランドは2016年までに10万枚のメコアを生産する予定である。「来年の豪雅ブランドは、大量生産のカウントダウンに自分のニーズを満たすこと。」しかし、5年前には、Tag Heuerはまだカウントダウンテーブルのコアを生産することができなくて、上述の生産量は人を驚嘆させた。
2009年末には1887の機軸を発表したとき、この機軸に言及しているということを忘れているようだが、それをモデルにしたもので、機軸の上にも同様の手がかりが見える。ブランドにとっては、1969の機軸が鮮やかで、「3時- 6時- 9時位置」というレイアウトを採用した。これを除いて、1969機軸のユニバーサルシステムがスイスで生産され、Sandz家族基金の傘下に産業ATkalpaが提供されたが、1887機軸の捕縦システムはセコによって提供される。さらに重要なのは、この2つの製表工場の自産のカウントダウン表の機軸(1887と1969)が豪雅な一部の需要を満たすだけでなく、ブランドはまたSeritaに数の膨大な機軸を予約して、Valjoux(SwatCHグループ)の機軸の供給不足によってもたらした苦境を解決する。


Scroll To Top