ロレックスブログ2020

スイス美度表「後の青春時代」の腕時計におすすめ

旧正月の初め、時の流れに感嘆するよりも、むしろ積極的に新しい章を開いて、時間の沈殿した成熟と英知を使って、最初の夢を軽快に舞う。「後の青春時代」の洗礼を経て、都会の熟した男女は、流行のセンスと風度を超え、「小さな肉」に挑戦する必要がある。結局、永遠の時間は、すべてを検証する基準である。これはまさにスイスの美度表が求めた製表の哲学で、霊感と創意の永遠の建築が腕の間に身をつけていて、低調は内包があって、熟していて軽快ではありません。
「後の青春時代」は、暮れない同義語ではなく、まさに人生の道の上で最も賛美を謳歌することに値するのである。今のあなたは依然として青春の活力を保っていて、いつでも「軽装」、自由に行って、いわゆる「軽」である。生活の処事、教養の各方面の日に日に英知と成熟を味わうことで、まさにいわゆる“熟”です。生活や仕事に対する集中と愛について、腕の間の風度を重視することができるのか、腕時計スーパーコピー腕時計のデザイン美学や機能性の様々な面から「後の青春時代」の軽熟さを体現し、スイスの美度表が「熟している」質感と風度を備えた腕時計を選んで、美度を建築中インスピレーションの設計理念と優れたスイスの製表の技術を汲み取り、腕の間を通してこの心をこめて作った「軽熟」の魅力がにじみ出ている。


Scroll To Top