ロレックスブログ2020

昆崙表Herイタズ・デキリアジュエリー時計を取り除いて花を使って金をくぐる

Herイタジュの植物という名で、この花は別名「骨組み花」(skeleton flower)という意味で、透明な花のように細密な透かし彫りの機軸を立て、パール・ベナの一輪を囲んで、34ミリ直で身を隠している径の中には、表の殻には、22粒のきらめきのダイヤモンドが入っています。今年は2つのHerイタズ・デキリアジュエリー時計が登場し、18 Kバラのモデルは8枚、18 Kのプラチナモデルは18枚限定。
Herイタジュシリーズは、半世紀を超えた時代の先衛的なアイデア、一流技術と美学の慧眼の代表作である。この2つのの真珠の時計は新作が濃厚な芸術感を持っていて、ブランドの優れた製表の技術と宝石の工芸の結晶で、鬼のものの透かし彫りの機軸は華貴のきらきらしている金のくぐりと互いに照らし合っています。
山のハスの葉は骨組みの花の名があって、原因はもともとあっさりしていない白い花弁で、水(例えば雨が降る)に出会う時に透明になることができて、水晶のように透き通っているように、綿密な葉の脈と金色のしべは特に感動します。Herイタズ・デキリアジュエリー時計は奇妙な透明な山のハスの葉をインスピレーションにして、工を作るのは無縁の透かし彫りの機軸が透明な花びらのような奇妙なものである。CO 055手動ブレスレットの基板とクリップボードの花の透かし彫りは精彫りで、Corelの一流の透かし彫り工芸を完璧に展示し、ブランドのキーホルダーの下に、華麗にきらめいて優雅な雰囲気が溢れていて、GUtav Klimtを連想する不朽の画作『Portart of AUle Bloche – Boer I』を連想し、金と銀を油絵に溶け込む筆致。


Scroll To Top