ロレックスブログ2020

ランガグ砂岩の奇景とドレスデンの聖母大聖堂

ラン格ドレスデンは南の易北河谷で、チェコと境を接した国家の森林が、サクソンスイスの国家森林公園と呼ばれる、通称サクソン・スイス。その中を歩くと、谷の深さを見て、林の木が青々としていて、深い山老林の景があります。その中の巨大な石は奇異で、危険な峰の俊秀は、円柱の岩のようにまっすぐに立っていて、立派な形をしていて、あるいは姿を立てて、あるいは列になって、あるいは自分で独立して、鬼のもので、気勢が抜群で、長い青松、どん樹と白樺の山の上で、城のようなバラのようなことを考えています。山道に沿って歩いて、歩歩を変えて景を変えて、古木は天に参って、山の嵐の清涼、松波の陣地、鳥鳴虫が吟する。道をぐるぐる回ると、岐路に出て、曲がりはない。何かが出ないと、大勢の山が目の前に出てきた。遠くなく、古朴なバース台(Basti)の石橋は、巨岩に挟まれて、危険な谷にまたがっていた。山下、エルベ川は広々として穏やかで、リボンのようにくねくねばしていて、両岸の青い草は青々としていて、林の木は青々として、村落は占拠しています。赤い壁と青山の緑、勝は天人に合わせて、万のような田園風情を演じます。
18世紀には、スイスのアーティスト2人が、ドレスデン美術学院に赴任していた。ある日、この2人は、欽格とグリフというスイス人が一緒にピクニックに行った。道の東の行の時、私は天辺の霞の中に見える1基の平上山を見て、その頂上は広々として広々としていることを見て、ピークの峰はなくて、周辺の山林に入るまで、また奇岩が広がっていることに会って、それと同じである。二人がびっくりしたのは、目の前の美しい景色が、スイスの故郷のジュラ山脈に似ている。それから、お互いの手紙が行き交う中、「サクソン・スイス」という言葉を使って地元の景観を表すようになりました。その後、故郷の親しい友人と通信する時、「サクソン・スイス」で、サクソンという奇抜な自然の景観を描いた。
実は、その前に、この茂林とその巨石は、ずっと「マイソン高原」と呼ばれています。西はエルツ山脈、東臨労西策山岳地帯。しかし、スイスの芸術家の素晴らしさと対照的に、ドイツの作家の歌、唐格(WilhelmリーダーシップGoetzing)の思想が火花を散らす。歌の唐格は大書の特書を始めて、マイクの森の高原の景致とスイスの詳細を対比して、出版して本になった。この出版物はサクソンの小さいスイスの自然の景観に対して生き生きとした描写で、この地の名声を大きく震わせて、だんだん広く知られています。世人は宝を得るように、長い旅を始め、押し寄せる。特に画家、文人、音楽家などは、サクソン・スイスを霊感の源とする。夕闇に陰森の荒涼とした巨岩に、カール.マリア.馮.ウェーバー、1786 – 1826)は、「魔弾射手」(Der Freischuetz)の謎の音符、カスパー.デビッド.フレドリ(Casper David Fenid Freed rich、1774 – 1840)とルドヴィヒ.李希特(Ldwig Rictier、18031-1884)を取得した山水が情を寄せる精神の帰る場所を探して、カール.麦(Karl May、184 – 1912)は更にこの広大な森林と大衆の多い怪石の間で、彼の作品の中のあれらのインディアン人の神秘的な跡を掘り出すのです。今、岩登りの勇士たちは、絶壁の崖の上で、自己挑戦の限界運動を見つけた。


Scroll To Top