ロレックスブログ2020

双旦の節、どのように“正しい”方式の秀の恩愛を使いますか?

クリスマスは目の前に近くて、また30日もまた年越しを迎えます。双旦節が愛を温めたいと思っていますが、信物は自然に最も良い触媒です。いずれにしても、「Couple双数」に対して愛顧することができず、カップルから同じ靴に入れて、「彼」は親密な戒めとして、「あなた」と主権を宣言する対表と同じではない。そして、双旦を前に、カシオのIEIC &シェーンとともに、愛神のキュービットになり、告白を最も愛している。
愛情の中で純粋に幸せになればなるほど、個性が独立してお互いに惹かれ合う2人は、自然とは最もぴったり合っていると言われています。シンプルなペンの下の達西さんとエリザベスさん、EFB – 590シリーズ& shS – 422シリーズの巧みな愛の知恵を極めたデザインです。クラシックな雰囲気で、このセットにぴったりの気質系のCP。これはダイヤモンドの硬度に次ぐもので、愛情の強い一面を工業設計に溶け込む。
設計は非常に簡単であるにもかかわらず、このCP表は依然として追求する内包を持っていて、太陽エネルギーの動力は航続的な圧力を減らして、もっと長い“付き添い”をもたらす。鋼の表帯には、格紋のスーツと彼女の毛のコートを添えて、目を養っていたビジネスのCP、優雅でシックな黒圧紋の皮を持っていて、互いの左右の手を優しくかぶって歩いている冬の街でも幸せに静止しているようです。


Scroll To Top