ロレックスブログ2020

BLANATAMW「ハート系の海」世界ツアー展台北101ビルに上陸

2016年1月7日から20日にかけて、台北101ビルの4階で開幕を盛大に開催。1月7日の開幕当日には、ブラックパイン宝パ副総裁兼市場総監のアラン・デラミラ、2015年にはブラッパイン宝山五十頭上カメラマンのアラン・ロ、そして有名な監督兼“心系海洋”活動大使のマシマ(Uminボヤ)が現場に臨み、海洋生態保護のために力を入れている声が出る。
2014年10月9日にブラッパイン宝鉄総裁兼最高経営責任者マーク・ハイエーク(Marc A . Hay k)から「心系の海」の成果を披露して以来、海洋生態保育に対する公衆の注目と応答が注目されている。ブラックペストインの宝物、各界の指導者と世界各国のメディアが共同で手を携えて、短い4年間で、この計画はすでに三百万平方キロの海域の海洋生態を救った。今年は、台北101ビルの4階にある「心系海」の撮影展は、海の深潜や極限撮影、潜水腕時計、関連商品の魅力を人に見せているだけでなく、海洋資源の保護に対する人々の情熱を刺激するためである。
計画によると、「心系海洋」撮影展は、2016年1月7日から20日までに行われ、2週間にわたって行われた。今回の展示を重視するために、開会式では、ブラックパインBBPP副総裁兼市場総監のアラン・デラミラ、2015年にはブラッパイン宝山五十頭上カメラマンのアラン・ロ、有名な監督兼「心系海」の活動に馬志翔、そして台北101の会長週間徳宇はみんなで出席した。各分野の影響力の融合により、海の生態保育を多くの人に伝えたいという重要な意味がある。


Scroll To Top