ロレックスブログ2020

エテルナMadisonマディソン手動でチェーンメンズ腕時計

優れた技術力はもちろん、腕時計は全体のだが、日本でETERNA外観設計にかけた気持ち。Madisonマディソン手動でチェーンメンズ腕時計がエレガントな外観は、慎重に研磨のステンレスケース下に黒い太陽放射線磨きフェイスに添えめっきロジウム目盛、ファッション息に抵抗することは難しいという人。黒いワニ皮バンド配折りたたみ留め金を表増加1部の優雅な。表を搭載しETERNA自宅開発手動にチェーン3505ムーブメントを搭載し、ボール型軸受バネ箱システムを提供し、54時間動力貯蔵。Madisonマディソン手動チェーンは、腕時計が含蓄の設計、ろく時位置に工夫を凝らして設け透かし彫り小皿展示ボール型軸受バネ箱システム(ETERNA Spherodrive)は、シンプルなうわべの下で現れブランド非凡な内包。
早く、1948年、エテルナは積極的に研究改善ムーブメント性能、成功しては低摩擦ボール型軸受自動盤システム(ETERNA-Matic)、ショックで表壇。ETERNA-Maticムーブメント自動盤の下で入れご粒のボール型軸受、成功を自動盤の耐久度は、機械ムーブメントの制作技術を新しい高度。半世紀近くのろくじゅう年後、ETERNA再献新猷、在来のボール型軸受の基礎で、開発ボール型軸受バネ箱システム(ETERNA Spherodrive)を搭載し、MadisonでThree-Hands腕時計で優雅無双の姿が登場。
このデザインはETERNAエテルナ技師について動力の思考:機械ムーブメントの中で、バネ箱はすべてのエネルギーの起源は、この部分に耐えたの最大の圧力と摩擦、この部分の部品もそれに最も摩耗しやすくてが丈夫で、ボール型軸受はこれらを効果的に低減し、ボール型軸承バネ箱システム(ETERNA Spherodrive)効能を機械に革命的な向上し、より正確な耐久腕時計ムーブメント令。全体のボール型軸受バネ箱システムの開発時間が2年、衆ETERNAエテルナ技師、デザイナーや職人達の協力の下、2007年制に成功雛形を経て、年間にわたるの厳しいテスト後は、2009年に正式に生産。


Scroll To Top