ロレックスブログ2020

週末表友ストーリー:違うブレゲ入手伝承樽カウントダウン

前はずっとロレックスと历峰の忠実な顧客、唯一あっブロックスウォッチ傘下の表は、人生で初めての腕時計ロンジンの名工年待ったが、とっくに送人、2018年、大丈夫を腕時計の家で、今回の購入予定表計画はラングと積家の翼で選ぶ
金が、後のメンテナンス発見ラング保証はとても復雑で、积家の翼画像とても美しいが、上手に後に感じの文字盤も乱れないかもしれないが、自分のスタイルに合って。
不意に見た隣のブレゲこの5400BRを見て、ずっと樽表の認識はフランクミュラーが、ムーブメントずっと小学生はとても満足して、見てブレゲ5400後に感じがとてもきれいで、靑い丸針と多重の目の文字盤散しブレゲの歴史と詳細。上手に後に感じの効果も非常に満足し、唯一の殘念なのか後ろから背中透のムーブメントはラジアンの密着しませんので腕を透、店員はこう解釈して、私も無理に信じてた。。外出を隣ブランパン、、、、、、、見ると大丈夫、中毒、シンプルで美しい面取り。。。まず家に帰って考えて考えます。。家に帰って見て5400BR如何表に属して、フォーラムの作業もない。。。でもこの話に惹かれます。ブレゲ時計に必要ない伝統の円形のケースとしてこの腕時計を表明、十分によると、たとえ樽形のケースを採用し、ブレゲはブランドの魅力を釈放することができて。表盤が誇張した古代ローマの数字は男の覇気を際立たせて、青色の魚の目の針は更に古典の美を現れて、ちょうど柔らかくて済です。五十噚の大名はとっくに聞いたことがあって、みんなの宿題も多く、前にはたくさん感じる。しかし上手になってからこそ、普段の仕事にふさわしい、低調の歴史は長い。たまにはスポーツダイビングもいいです。今は同じ宝になります。入スウォッチピット。


Scroll To Top