ロレックスブログ2020

ジャック徳羅を引っ張って一筋の月華の戦ぎ、守この歳月静かで良い

中秋節は間もなく到来して、また1年の団欒の時です。秋の夜は、家族と一緒に桂香中で月見、定は現在の忙しい生活の中の楽しみのひとつ。李白が使っていた名句「唯当歌酒時、月光長照金樽に感嘆して名月」は人生が短いから、中国の古典文化の中で、月は代表は団欒と想いのイメージを代表して、更に時間の永遠。
古代中国の陰暦は月の月週期によって手配しての暦を通じ、満ち欠け計算日付の流れ。月の運転の過程の中で、それのついたちと15日変化を構成する兆しが見られるの月行週期。英語では、陰暦の翻訳をlunarカレンダ(すなわち「月のカレンダー」)。中式の哲学に満ちた要素は、人類の月に対する無限の探索を引き取っている。
代々の科学家の日月星辰変幻で、時間との連絡探究月相。今年のバーゼル時計展で、ジャック徳羅リリースした3項の新しい43ミリ月相大秒針:象牙色大明火エナメル月相大秒針腕時計(Grande SecondeムーンIvory Enamel)、縞瑪瑙月相大秒針腕時計(Grande SecondeムーンOnyx)とシルバーオパール月相大秒針腕時計(Grande SecondeムーンSilver)。ジャック徳羅時計職人は天文月相溶け込ん腕間方寸の地、鑑みて複雑な機能の精密性及び既存の構造の影響は、その制作高い挑戦性。ジャック徳羅天文月相を採用し、わずか1年46日1回補正122。この誤差は、世代内ではほとんど気づかないが、機軸の設計の厳格さが表れている。特別で開発された「135装置」の恩恵に計算する歯車減速比は、配備の59歯車の歯の伝統装置の正確性の高い、後者の約2年おきにななしちヶ月日一日にじゅう累積誤差。


Scroll To Top