ロレックスブログ2020

落ち着い宝齐莱腕時計に控えめ叡智非凡愛する父

記憶の中で父親は繊細ではないかもしれないが、温かで信頼性があり、彼は落ち込んでいる時に最大の肯定を与えて、しっかりとした後ろ盾になる。もちろん英知に満ちていて、落ち着いていて内に収まる男は、信頼された時計の安心感のように自信を持っています。スイストップブランドカール表F . Bucherer宝齐莱傾情現れ马利龙シリーズPowerReserve腕時計に父の日とし佳礼に感謝して、共にの父。
は経験した挫折に直面して惑わず、苦しみの父、才能淬煉優しくある。宝齐莱马利龙PowerReserve腕時計の設計及び技術グループ互換古今に洗礼を経験した歳月の人生は、控えめで富んだ内包。同モデル腕時計は第一項の組立自制CFB A1011自動的にムーブメントの表を表示されると、針動力を蓄え、デザインは非常に古典時計趣;CFB A1011自動的にムーブメントの特色は組立外縁式双方向自動的に並べ陀を駆動輪システム提供動力ほか、ムーブメントを搭載し宝齐莱特許のクッションやシステム(DynamicショックAbsorption)と二重の調整システム(セントラルDual Adjusting System)、業務効率と信頼性を強化するムーブメントとは時代遅れの腕時計の上物。


Scroll To Top