ロレックスブログ2020

ジュネーヴ国際時計展―モンブラン伝承Chronom trie 112542 Eシリーズ

2015ジュネーヴ国際時計展で、モンブランはキック最猛のブランドの一つ。維ライエルシリーズの円柱糸遊陀フライホイール技びっくり4基として、各メディアは執筆の第一選択。私は独立独歩で、ただ確かにもっと偏愛伝承Chronom E trieシリーズの新しい表――外付け陀のはずみ車の精密クロノメーター。
その原因が好きな原因はとても簡単で、レイアウトは精巧で、構造は斬新で、機能は複雑で誇張しないで、工芸処理は適切に位置して、主客の状況がない。まず、レイアウトが洗練されていて、その「顔」の長さは確かに変わっていて、ややえこひいきしているデザインが珍しいので、レイアウトはあまりにもコンパクトではありません。主軸の界をめぐって数字は日付によると、かすかに感じてしまうかもしれませんが、読み取りに直面しにくいが、このモンブラン創始の特許外付け陀フライホイール、あなたは本当に気になるカレンダーの軽重ですか?外付け龍フライの利点は、フレームサイズが小さいので、品質はより軽く、より少ないエネルギーは回転することが必要です。タイマー機能陥沒症密着され、住んでいる陀フライホイール、2つのカウントダウン文字盤は長短針の形式の指示。


Scroll To Top