ロレックスブログ2020

エプソンRunsenseランニング時計体験プロ向け選手

ボストンマラソンのゴール地点が近づくにつれ、五輪銀メダリストや、昨年の同大会の優勝梅布・さげまん勒茲吉(Meb Keflezighi)を見た下に腕の時計。瞬きの技量、彼の步速、レースや時間が一望に収める。また、自分の心拍数を監視して、胸に持っていなくても構いません。さげまん勒茲吉佩をはめてたのみ備えGPS能力の腕時計、しかしこれは良いから明、Polarや松拓ではなく、エプソンの傑作で、この会社の生産はプリンターやスキャナーで世に名を知られる。
エプソンが発売されたモデルさんRunsenseシリーズスポーツウオッチ、エントリレベルのSF-510価格は250ドル前後(1552元)向けに、端のSF-710価格は280ドル(1738元)、ハイエンドモデルSF-810の価格は350ドル(2173元)。本文はテスト用のが後ろのハイエンドモデル――SF-810。すべて版代を備えて同じ機能を内蔵し、光学心拍計センサーはSF-810ならではの。
エプソンのRunsenseはフィットネスつくわけでもなく、知能の腕時計。SF-810及び他の2項の腕時計は配備GPSの専門ランニング用の腕時計。すべての3モデル全員は速度と距離を追跡して、ただSF-810監視機能を提供する心拍、その身を表背後の光学心拍計センサー、ユーザーの脈拍測定。


Scroll To Top