ロレックスブログ2020

柏莱士VINTAGEシリーズに推薦し腕時計

腕時計の世界では、針の表示を窓に表示するのが表工場の共通の追求である。万年暦を持って、カーソル表示の中には、ウィンドウの表示の糠の中で米粒探す。素人の目には、「表面に置かれた針をテーブルの下に置き、文字盤に穴を掘っておけばいい」という理論に似ている。道理は間違いだが、どのように駆動するのかは難しい問題だ。さすがに壁の中では、差がないと、差が出てくる。
実は万年暦は最高実現窓口式なので、相対的に月日の変化週波数遅いので、やりやすいチャージ構造。本当に実現しにくいのは、時1秒のような速い周波数転換の部分である。例えば、太郎のフクロウは、そうである。同時にウィンドウ形で展示されたと、他にも、しかも価格は安くはない。どうして!本当に難しい!
踊る時腕時計は現在にとって表示窓口式社以上の時計工場を実現できる一番難しいの一種、柏莱士も挑戦したこの機能を発売し、そのためにいくつかの非常に良い腕時計。柏莱士VINTAGEシリーズでのジャンプ時腕時計計2項、盤面にはきわめて簡潔。12時に大きな窓を1時間表示して、針はピクチャーの中央に位置して、6時のビットのは秒針ではありませんて、代わりにするのが動力準備の表示です。複雑なので、二つの時計は貴金属素材を採用しています。バラの素材、もう一つはプラチナ素材で、価格は自然に高価で、プラチナスタイルは36万元に達しています。二つの腕時計は設計によって異なるので、下の図とパラメータを見てください:


Scroll To Top