ロレックスブログ2020

ロレックス緑鬼116610LV高淸作業や簡単装着月は殘って感じ

時計を選ぶ:
携帯電話の後以来今以上じゅうさん年ぶりにかぶったこと時計~
今年の春の初めまで夏の夏の初めになって、突発的に時計をつけたいと思っていたのは、ロレックスが私のような年齢の人にとっては特別な感じがして、ネットで検索した後、愛表族の労働版に向かってきたのかもしれません。
潜水中、かつて圈定様々な候補を含め、116300、116334、116610LN、116610LV、無暦鬼などなど。しかし新世界まで1階の試験戴后、僅か緑鬼オプション(選表期間と検討して長い間LP大人、戴時の1家の3つの同に、一緻して选定緑鬼^ _ ^)。
時計を買う:
時計を選定してから、購入方法を企画し始めます。日本、香港、ヨーロッパ、北米などを考えていたが、いろいろな理由でやめた。初めは偶然の偶然で、1表の同僚が坂の国へ旅行に行くことに迷って、すぐに持ち帰って持ち帰った。手に入れる価格と香港粗製品のほぼ一緻し_ ^ o
感じをつける:
いち、元試験戴時唯一の心配は、緑の鬼の色は比較的に”ショー」、相応しくないかもしれない出勤装着(私の職業は関係、出勤する必要_正装^^)。実際に着用した後に緑鬼の文字盤を発見した緑は比較的に深く、1メートルほど離れているのは緑色ではありません。
鬼に、緑のバンドの設計の中の微調整機能はとても良い、調節と腕をスキのない、快適な装着異常。私はあまり慣れないのバンド、へへ。13年前にカシオが使っていたかもしれない
3、道は正確で、1ヶ月以来、カシオ6局の電波時計で比較して、10秒ほど速くなりました。


Scroll To Top