ロレックスブログ2020

インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー2013 結果発表

去る、2013年12月11日(水曜日) 大手町 日経ホールにて、一般社団法人 日本時計輸入協会主催、 <インポート・ウオッチ・オブ・ザ・イヤー2013>授賞式がおこなわれた。

 

■グランプリ
(各部門賞受賞商品から審査委員会により選出。)
【ブランド名】BREITLING/ブライトリング
【商 品 名】アベンジャー II
●審査委員の講評 最近は円安により、輸入時計の国内価格が高騰が続く中、 一般エンドユーザーの、輸入時計に対する垣根は高くなる一方だった。 この流れに逆らうように、 いかにもBREITLINGらしいデザイン・ヘビーデューティーな構造・性能を兼ね備えているこのモデルが 良心的な価格にて日本国内の市場で展開されたことは 今後の輸入時計・機械式時計市場にとって、そして日本の時計ファンにとって明るい材料となった。
 

■審査員特別賞
(審査委員会により選出。)
【ブランド名】ORIS/オリス
【商 品 名】アクイス デプスゲージ
●審査委員の講評 時計の性能+αのギミックである水深計は 最新のセンサー等とは全く無縁の、目からウロコの発想を深化させたものであり 単純明快なこの機能は、時計に詳しくない層にも訴えやすい。 国内の消費者に、時計に対して必ずしも機械に詳しくある必要がないことを証明してくれた。 時計としての性能は当然の事、大きいことを感じさせない装着感もよく考えられている。 裏蓋には換算スケールが彫られていたり、付属品も充実しており、購入者の満足感も高いだろう。


Scroll To Top