ロレックスブログ2020

ブルガリローマ映画芸術展上海再オープンアンティークジュエリー演繹モダン精神呉亦凡サプライズが現れる

「ろく月じゅうよん日、上海」ローマBVLGARIブルガリ映画芸術展を上海に移転、本日はプラザ幕。さんじゅう件あまりブルガリ骨董秘蔵ジュエリー、時計臻品煌めくモダンなのも、多くの映画界スター装着ブルガリ的瞬間もするが。ブルガリ大中華圏やオーストラリアディレクター平兴韬(Antoine Pin)さん、ブルガリブランドやコレクションの策展人ルチアBoscainiさん、イタリア駐上海総領事館のStefano Beltrameさんにご光臨開幕現場ブルガリ中国区の腕時計、巡茶」、俳優、歌手呉亦凡サプライズが現れ、優雅で高貴な骨董品を宝飾展に靑春活気とファッションに合わせて経典永遠に煥発態度、新入生のブルガリ精神。
ローマ文化の演繹者として、ブルガリ独特のイタリア式美学は、ファッションになっている者になり。にじゅう世纪の60年代、ローマ映画城Cinecittを開くイタリア映画の黄金期、「甘い生活」ブームを席巻ヨーロッパ大陸。ブルガリ「甘い生活」奔放な理念、滑らかなライン、濃厚な色に変えたジュエリーデザイン、当時流行のアートDeco設計の幾何学感を新しい創作風潮。オードリー・ヘプバーン、エリザベス・テイラー・イングリッド・バーグマンなど観学院の雀は蒙求を囀るの中で映画撮影時の女神ローマ出会いブルガリスクリーンと、内外ブルガリ起きた感動の色の物語は、今回のローマ映画芸術展はすべてこれらの経典の瞬間が。
数十年、映画スターたちとブルガリが、魅力的な花火を。映画の中の道を開いたばかりの新人呉亦凡今年になってましブルガリ、ブルガリ中国区腕時計の代弁者として、これもブルガリブランド初のアジア俳優を起用し、その鮮明な個性ブルガリ経典解釈に求め続け新入生のブランドの精神。今回の上海ブルガリローマ映画芸術展、呉亦凡新進ブランドキャラクターとして初登場。開会式では、ブルガリ大中華圏やオーストラリアディレクター平兴韬(Antoine Pin)さんは呉亦凡ずっと目当てのブルガリOCTO ULTRANERO腕時計を彼に。呉亦凡さんは「役者として、同時にイタリア映画の忠実なファンは、今回の展覧に実感さあのヨーロッパ映画栄光の年代、もっと感じたブルガリジュエリーと古典的な映画の間で時間を転々としてさらに味わいがあるのでの感動させることで、更に味わうブルガリ所が現れたイタリア情熱あふれる甘い時代様式の大胆な発想の設計。」


Scroll To Top