ロレックスブログ2020

SEIKO(セイコー)日本タブ工場訪問記【2】SII盛岡工場

2016年じゅう月末、愛表族サイトに日本を見学に移動、有名な日本タブブランド—[ SEIKO(セイコー)の時計工場。見学をしSII本部後の翌日、私たちを訪れた本州東北部の盛岡市(Morioka)、工場見学SII盛岡。
ここはSII最も主要なタブ工場の所在。1970年から製造部品工場、腕時計、石英と機械ムーブメント雫石高級時計工房(Shizukuishi Watchスタジオ)大本営はここに、担当がすべてセイコー上級機械時計のムーブメントの組み立てと腕時計組立品。
セイコー非常に重視する社員を高める技能訓練、この展示パネルにリストアップしたすべての技能大会優勝者名簿及び工芸大家リスト。
チップ部品生産ライン、類似スイスメーカー、原料の基本はすべて成巻の銅板や鋼片、そして各種プレス部品、機械フライス、切断、機磨などの操作、区別はすべての設備はすべて日本の自制の、そして多くの設備はまだセイコー自宅グループ内の企業製造工場の生産設備秘密のためで、私たちは生産設備関連の写真撮影、ここはいくつかの詳細画像加工を楽しむことができる。


Scroll To Top