ロレックスブログ2020

2017バーゼル表展:漢ミルトンカーキ航空風速シリーズとして新たな作品を超えて

アメリカ郵便はワシントンからニューヨークの初項の飛行任務に使うのは漢ミルトン時計から、ブランドとして、航空は新分野、その悠久の航空の伝統にさかのぼる1919年では1914年から、ブランドになってアメリカ空軍指定の官方サプライヤー。漢ミルトンのカーキ航空シリーズのデザインが空を飛んで、有名ブランドと飛行パフォーマンス隊や世界の有名なパイロットが提携して提供する経典の飛行造形やパイロットに必要な特定機能で世に名を知られる。その特性は飛行の操作及び航空機で、技術は卓越して卓越している。大気を超える風速自動クロノメーターカーキシリーズ同様この特質を持って。
\
ダイナミックな黒いPVDめっき装飾顕著であるこのシリーズと航空機分野の緊密な連携を強調し、その正確度及び技術の名誉。黒い革バンド令の新世代を超えてカーキシリーズ風速自動クロノメーターの深い見た目のファッション、強靭な45ミリ直径ケースを搭載し、表側はX 5大要素の造形がしっかりと相まって、銀色の詳細。
跨界作最新カーキシリーズ風速自動クロノメーターを超えて黒いPVDコーティング精鋼ケース内で、自然を搭載した腕時計を超えて本当令風速風変わりな技術:世界有数のを腕時計内のヨー角電卓。それを正確に計算することができるパイロットし既定ストロークで出会う可能性のある横風。
カーキシリーズを自動クロノメーター風速防水もじゅう巴(ひゃくメートル)を採用し、スイスエタValjoux 7750自動クロノグラフムーブメント駆動、このムーブメント改良に漢ミルトンH-21ムーブメント動力貯蔵増加きわめてもルックスも盛りの約ろくじゅう時間。三つの小さい文字盤飾は精緻な金属アウトコース、きゅう、く時位置の週間と日付。採用ダブルトーンスクラブ金属細部に囲まれ、富んでいる鮮やかな立体感の工業の造型の外観。


Scroll To Top