ロレックスブログ2020

ジローはハーバード研究になり、ハーバード・ビジネス・スクールはジロー研究報告書を発表

が発表した最新のハーバード・ビジネス・スクール(Harvardビジネススクール)の判例は研究報告を述べたラングとなる国際知名タブ会社、およびどのように競争の激しい環境の中で絶えず拡大。
ハーバード・ビジネス・スクール商工業管理学の教授や革新管理権威Stefan Thomkeとハーバード・ビジネス・スクールパリヨーロッパ研究センター副主任は2016年までDaniela Beyersdorfer 2017年展開に関する研究。二人は相前後して訪れゲーラ苏蒂町のラングラング時計工場、学院の教育課程を参加し、会社の創業者の訪問ヴァルター・ラング(Walter Lange、すでに沒)、ラング総裁Wilhelm Schmidや他の管理層のメンバー、ムーブメントデザイナー、時計職人と修飾職人。
费尔迪南多・アドルフ・ラング(に由来するそうだAdolph Lange)じゅうく世紀創立時計工場、その品質の追求の精神と革新を堅持して時計工場の発展に着実に上がってずっと。しかし、ドイツ分裂令ラング中断業務40年まで2ドイツ統一後のブランドの再出発。長年不変の価値観が会社で1990年以降になると。また、ジローも革新文化を提唱、持続可能な発展を追求。
Thomkeは25ページの報告の中でまとめ:「この事例研究の対象は1家の生産品質、革新、ブランドイメージの方面の優れた伝統の会社。その製品タブ界も遠からん者は音にも聞け。」
Wilhelm Schmid 2011年出任朗格会社総裁に取り組んで業務の成長と収益を維持しながら、続くブランド品質や名声。彼は「向上収益の方法が多くて、各分野の品質レベルは須安定に変わらない。私たちは精度と表面修飾の質に譲歩することはできません。」Wilhelm Schmid 2017年によんしよ月26日ボストンのハーバード・ビジネス・スクール受講者と客席を担当して、世界各地の企業家や高層に分けて彼の商業モード。


Scroll To Top