ロレックスブログ2020

オメガは、新たな同軸に捕えるを捕えるて

1999年、OMEGAオメガ革命的な同軸逃げシステムに登場し、現代の機械時計技術発展の新たなページを書いて。同軸逃げシステムは、時計師ジョージ・ダニエル(あっDaniels)発明――自じゅうはち世紀トーマス・马奇(トーマスMudge)が発明したレバレッジ逃げシステムの後、同軸逃げシステムは250年第一項があって、実用的な新型逃げシステム。
2007年、OMEGAオメガ発売8500 / 8501同軸ムーブメント、その内部のすべての部品はそのために特別のデザインムーブメントを起用して改良や大きなじゅうさん令ムーブメントを同軸逃げシステム及び無カード度糸遊摆轮の精度を高める。OMEGAオメガで築いたタブ技術の新しい標準より、大手を振って歩くタブ技術の新しい挑戦を迎え。2008年、OMEGAオメガをより一層、工業生産機械表:量産モデルを発売し化学記号や原子番号命名のシリコン結晶Siじゅうよん(Silicon)糸遊。
シリコンを耐磁性物質のため、シリコン結晶Siじゅうよん発条磁気の影響を受けません。これで組み立てシリコン結晶陽炎の腕時計、その精密で正確度より組立伝統糸遊の腕時計が。日常使用の場合、機械表表現が毎日違う程度の軽い衝突では多かれ少なかれ影響を受け、外来の要素がこのへの影響は爪の垢ほどシリコン結晶糸遊。シリコン結晶発条を発揮するケイ質の特性をSiじゅうよん達から最も理想的ななどで性能(同じ時間で発生の振幅水質)、引き上げ時計の精度。現在、OMEGAオメガ皿に飛んでHour DVision怽や海馬Aqua Terra同軸女装表も組み立てましたシリコン結晶糸遊。上記の表項の摆轮枝や底蓋には時の「Si鋳造じゅうよん」と表示され、この機械の代表表を装備したこの項の最先端と正確な技術。


Scroll To Top