ロレックスブログ2020

スイスの独立系時計ブランド 「レイモンド・ウェイル」が日本上陸

スイスをはじめとする腕時計の輸入代理店であるGMインターナショナルが、8月1日よりスイスの時計ブランド「レイモンド・ウェイル」の取り扱いを開始した。

「レイモンド・ウェイル」は1976年にスイス・ジュネーブで誕生した独立系時計ブランドだ。ブランド名は、創業者である時計技師の名に由来する。創業以来、3世代にわたってレイモンド・ウェイル一族による家族経営が行われており、現在は世界95の国と地域で約3000店舗を展開するブランドへと成長した。

ところで同社は、“ミュージック&アート”を社是とし、著名な芸術家や音楽レーベルとのコラボレーションモデルを特徴とする。近いところでは、昨年1月に他界したイギリスのミュージシャン、デヴィッド・ボウイ70回目の誕生日を祝う「フリーランサー リミテッドエディション“デヴィッド・ボウイ”」を10月に世界限定3000本で発売する。現在、大丸6店舗と松坂屋4店舗、計10店舗において、8月29日まで「レイモンド・ウェイル」のデビューフェアを開催しており、その一環として、同モデルの先行予約を受け付け中だ。ただし、日本での入荷数は50本のみとのことなので、興味のある方は急ぎたい。


Scroll To Top