ロレックスブログ2020

シン表行太原王府井百貨店で名士焙煎芸術教室

2017年さん月26日、シン表行太原王府井百貨店をスイス高級時計ブランド名士(Baume & Mercier)にて、焙煎芸術授業、25位VIPゲストで体を享そろって、一緒に体験焙煎芸術のアイデアと巧思、ゲストたちは名士の経典のグラムに頓シリーズ10139と10140腕時計を元に、一枚のパン美しい時計ビスケットを凝聚して、「幸せな時」。
シン表行太原王府井百貨店は太原市親賢北街99号は、国内最大の百貨店業態の発展に専念する小売グループの1つで、最受歓迎山西庶民の百貨の企業の一つ。全方位を南区及び山西太原すべて消費大衆サービス、上質なサービスチームは、提供して親切で、最も専門の5つ星ランクの購入表サービス。
名士は187年以来、常に時間をかけて試練に耐えてきた模範作に取り組んできた。創始者の格言を受け「唯美主義、製造品質最も最上の時計」から、名士深い伝統の中に霊感を汲み取って、次々に積載深い感情の時計の手本を永久に忘れられない時、秘蔵し、凝縮貴重な瞬間。
名士経典シリーズの一つとしてのケリー頓シリーズは1950年に一枚の名士腕時計をモデルに味わいがあるデザイン、尊いの独特な風格を反映して、濃厚な都市の風情と復古趣。名士ケリー頓シリーズ10139と10140メンズ腕時計自動ムーブメントを搭載しスイス製造され、小秒針と日付表示窓口機能;腕時計文字盤を添えてメッキ表時及び指針、ベゼルを二色材質で作られ、バンドはそれぞれワニ皮バンドとななしち列二色時計の鎖打造。


Scroll To Top