ロレックスブログ2020

最近の大ヒット人工知能業界、創業者の成功のが多いのはどれだけ大きいか?

ついに、いくつかいくつか科学者や技術などを実験室、捨て大会社の厚遇、音声認識、コンピュータ視覚などの分野で開いた「創業」という新たな旅。
創業者の予想の中で、人工知能を水、電気、ネットのように、人間の生活の一部になって、人類の1種の基本的能力。彼のないところはない、呼ばれるとすぐに来る。李彦宏さんなどでの想像の中で、人工知能のほうができる物体は「わからない人なら」。
インテリジェントホーム、自動操縦自動車、家庭ロボットなどのシーンが襲いかかるしている。未来、数万の端末がまたデータを送信または共同エッジ雲計算させ、機械の「脳」はますます多くの任務を完成して、頭のいい人ももっと分かるように、すべての人の需要。
見えない台頭だな
2014年に創業大潮の人工知能Misaは、国内有数の知能ロボットRokid音声会社の創始者。「ボラックス」は、最近やっと発表の1項の新品。Misaと彼らはすぐもう第三項の製品を発表し、急速反復ため今年市場競争環境にするための準備を行う。
今から産業の発展速度は、Misa業界の緊迫感を感じました。彼は三年前には「置けばいいが、今、人工知能技術が進化したのが速すぎて、以前一年一回の技術が進化し、今ほとんど何ヶ月に大きな技術が進化」。
Misa「人工知能とツール製品を高効率で完全に問題はないの、この発展速度は想像を絶する。」
アマゾンのような大手会社、2014年にじゅういち上線た初の知能のスピーカーEcho。アマゾンさん年更新、強化Echo、今のEcho既に持って音声を購入、音声の支払い、新聞を読んだり、音楽再生機能など。これは、今日の機械のシーンの応用には非常に申し訳ありませんでした。


Scroll To Top