ロレックスブログ2020

白駒の隙を過ぐるが如し時計殘る白い面盤オフィチーネ・パネライ時計夏特集

オフィチーネ・パネライ、1860年フィレンツェで創立して、元の店舗、時計工房と表匠学院、長年イタリア海軍精密機器を供給、特にフロッグマン突撃隊提供装備。当時の開発のLuminorやRadiomir時計などのプロジェクト数年来は軍事機密保護され。ブランドは1997年までリシュモン買収後、国際市場で公開してこそ。
ある象徴的なケースデザインのオフィチーネ・パネライ、ずっと簡明な味わいがあるの設計を人にのぼる。オフィチーネ・パネライマークの簡潔な文字板デザインは黒ですが、たまにブラウンダイヤルしてあるいは靑表項。広大な海の中で、白い面盤1株のように新鮮な風が、まるで風のように流れ海面は心地良くて、最も適して夏と。
遡及オフィチーネ・パネライ白い面盤の起源、1996年から「私」pre-Vendô時期スタローンさん委託オフィチーネ・パネライ特製の白盘Luminor Daylight、ブランド民間市場向け後の初期に登場したLuminor Marina(PAM00003)、オフィチーネ・パネライの白い面盤腕時計も伝説の作。別れは2014年と2016年に登場したPAM00785とPAM00786はLuminorブラックSealとLuminor Daylightの白黒の姿を再現した表、オフィチーネ・パネライとスタローンのあの伝説は、一時間洛陽の紙価を高める。幸いが以下の通り白い面盤のオフィチーネ・パネライ時計の順次発売するなど、任時光白駒の隙を過ぐるが如し、腕の間はいつも精琢作の忘れ難い1夏を抱きしめて。


Scroll To Top