ロレックスブログ2020

カルティエブルーバルーンの輪郭の複雑な設計

クロノメーターカルティエ藍風船シリーズは経典外形プロファイルの上に複雑な機能クロノグラフ、黒チェック文字盤3点及び6時の時の標準で、それぞれ計数分と秒の小針盤に経典のローマ数字、日付も次に九時に移すペイン標に。サファイア表冠ぐらいを安置する標準クロノダブルボタン、タクトの間に、時間の流れを把握できる。
藍風船シリーズで薄型時計薄型の体、しなやかな質感、藍風船腕時計シリーズ慣れるある優雅さを演じる。米白靴での巨大項表径で、再構築の機械部品坊主はお経ムーブメント、持ち合い。赤、白を採用するケースがそれぞれk kプラチナとし。そのうち、赤と白のk k表を彫って飾り銀色紋文字盤、優雅で繊細な;プラチナ表項は裏地は深い靑文字盤、隠れ神秘な雰囲気。


Scroll To Top