ロレックスブログ2020

手首の動きに応じて揺れ動く花びら型のローターを採用

モデル名にもなっている「アミュティス」とは、紀元前600年頃に古代メソポタミア時代に建設されたの空中庭園の名から着想を得ている。当時の王妃アミュティスのために作られ、豊かでもっとも美しい場所とされ、語り継がれる伝説の庭園だ。ペルレの新作「ダイヤモンドフラワー アミュティス」コレクションは、この美しい空中庭園にオマージュを捧げ、バビロニア王妃アミュティスの品位と美しさをも想起させるモデルして開発された。

レディースモデルとして開発された「ダイヤモンドフラワー アミュティス」コレクションは、文字盤側にある花びら形のローターが手首の動きに応じて揺れ動き、まるでバビロンの空中庭園を連想させる。またムーブメントには自社製のCal.P-181が搭載され、美しさだけでなく、機能ももちあわせたモデルに仕上がっている。

バリエーションとして3つのモデルが用意されている。ケースはすべてステンレススチール製で、文字盤がブラック・マザー・オブ・パール、もしくはホワイトマザー・オブ・パール。この2モデルともダイヤモンドがはめ込まれた花びら形のローターが搭載されている。レアモデルとして、ダイヤモンドベゼル仕様も用意されており、ダークグレーとホワイト・マザー・オブ・パールの2色文字盤、ローターには、ホワイト・マザー・オブ・パールとダイヤモンドがセッティングされている。どのモデルも華やかで特色のあるモデルだ。


Scroll To Top