ロレックスブログ2020

文字盤の表と裏にそれぞれローターを装備

このタイムピースを見るとき、まず中央でゆったりと回転するローターに目が奪われる。スケルトナイズされたローズゴールドのローターには、コート・ド・ジュネーブが施されており、“20 YEARS DOUBLE ROTOR”の文字が刻まれている。

さらにローターと重なる部分の文字盤もスケルトナイズされ、内部の複雑な機構が見てとれる。こうしたムーブメントを華麗に魅せるという凝った演出は、ペルレのまさに得意とするところだ。

03
この文字盤の表側にひとつ、そしてムーブメントの裏側にもうひとつローターがある。これらふたつのローターによって、香箱の主ゼンマイが効率良く巻き上げられるというわけだ。いっぽうケースサイドには、ペルレの特徴である縦に彫られたグラフィックパターンが、重厚感をあたえている。この記念限定モデルは、ローズゴールドとステンレススチールの2種類のケースが用意されている。


Scroll To Top