ロレックスブログ2020

どうしてミラノは設計の週間は1場の全市のパーティになりますか?

あなた達は設計週間のを見て、あなた達は設計週間のを見ますか?」ミラノ街頭1家の果物屋の店主ながら笑いながらおばあさんに決算して、軽やかにあまり流暢な英語で、「その次の交差点を見て、そこがいい展示場。」
この数日、そして道端から新聞亭、海鮮店、逸品の店、レストランのオーナー、店員たちも親切にこのガイド。何度も実踐後に得た経験は、これらの「土地のボス」推薦の展示や行く先総人を失望させない。
一方の尋展(については人の群れ。ミラノの設計週間期間、私たちは多くの中小学生チームチームを見に行って、展のチームを見に行きました。たとえは勝手に1人で歩いて、路遇大の「驚き」の確率もとても高い――一方フェアの密度が高くて、一面の名声の外でのミラノデザインウィークはとっくに世界の設計のファンが集まった、その多くは持参見展攻略上級の人。
「自分は家具の、この2、3年は毎年からミラノ家具フェア、業界最牛のものはすべてここでした。」同業の人ごみの中から、王永祥家族连れが目立つし、「これは私が初めて奥さんを連れて娘と一緒に、デザインウィーク期間中、ミラノ全体の町には多くのものを見て、私は感じて彼女たちは世界最高の設計、好きだったらも私達と一緒に。」
王永祥所在の人だけについてミラノの街に、突然ある種の強烈な感じこれは見に行く展ではなく、参加場に全ミラノ城、グローバルなデザインにファンのパーティー。


Scroll To Top