ロレックスブログ2020

ジュネーヴ名士の華奢2013シリーズ新品

固有の思惟の束縛を捨て、智者の猿知恵を表出することができる。一つの多数の人は自動的にこそ機械式時計の神髄時代、ただそれらは独自の時計ファンと:装着手動に時計の鎖を鑑賞することにわかる人、本当の設計、あえて伝統の鎖。簡潔で優雅な時計ラインが流暢、腕にぴったりフィット。ちょっと見て、その風変わりさと美学のテンションは際立ってないようだ。しかし、それは、装着者との間には、わりないと連絡ができます。この表は古典美学の中の均整典雅表現し、そのインスピレーションは名士「黄金の50年代と創造の1項の傑作を合わせて、今の流行、サイズを再設計。これは均整形の腕時計の深さに時代の精髄を持ち、穏やかで控えめな殘、また深い内包を明らかにする。だからこそ、それもあれらの偏愛優雅なスタイルのオフィス者から親しまれ、装着者とともに現れごとに1つの重要な瞬間。


Scroll To Top