ロレックスブログ2020

マイクロ映画、Elle Fanningなど三人女性を演じるスタイルリード

ティファニーが「スタイルを締造伝奇」(Someスタイルis Legendary)マイクロ映画、記録2016秋「伝説の風格」広告の創造の舞台裏物語。このマイクロ映画から指名アカデミー賞を獲得しエミー賞の映画監督の――カードり(R.J . Cutler)監督。カードりは監督追跡2007年『Vogue』雑誌の九月刊出版全過程のドキュメンタリー映画「九号』。今回の彼の目を向け『Vogue』雑誌の伝奇客員クリエイティブディレクター――グレイス·柯丁食事(グレイスCoddington)オフショット、観客を率いる舞台裏の証人として、柯丁トンと手を携えて創意限界突破する。
グレイスとティファニーのグローバルマーケティング副総裁兼クリエイティブディレクタートニー・拉基斯(Toni Lakis)の協力が創造した今回の秋の広告は、ブランドの伝奇を設計して現れるシリーズ初の新たな作品。これはティファニーCMで初めてのスタイルとアイドル協力を含む、オスカーの最優秀助演女優露皮塔·ブリタニア永奥(Lupita Nyong ‘ o)、俳優・エリ・范宁(Elle Fanning)、そして女性の健康と思いやりの行動を固め擁護者とモデルのクリスティ・はとてもよく効くトン・バーンズ(Christy Turlington Burns)やモデルナタリー・ウェスト林(Natalie Westling)。グレイスはアメリカ版『Vogue』奉職28年クリエイティブディレクターを務める21年、これまでもかつてイギリス版『Vogue」サービスにじゅう年。これは彼女が辞めてアメリカ版『Vogue』のクリエイティブディレクター職後初のブランドの執刀創意プロジェクト。


Scroll To Top