ロレックスブログ2020

最も堀の知能腕時計の“タイ格HOYA”は2016CESに見得を切ます

タイ格HOYAの去年全世界の第一モデルのAndroidWear贅沢品の知能腕時計Connectedを出した、この腕時計も今年CES展で厳かに見得を切る、このチタン合金の外側、直径の46ミリメートルは、6種類のデザインのゴムの手首の選択可を持つConnectedがある、サファイアの鏡映面とチタン金属を採用して殻を表す、とても高くて大きいがのあるようだ上の感覚。インテルのチップを搭載するのがクアルコムのチップではないを除いて、および航行を続ける時間が25時間に達する外に、Connectedと同類Android知能腕時計が度を区別するのが大きくなくて、同様にブルートゥース、Wifiと音声のコントロールなどの標準的な機能を備えるので、同様にフィットネス、天気などの各類Appを設置することができるのです。

Connectedの採用するゴムの腕時計のバンド、その上時計の文字盤は46mmに達して、でもつけていて体験するやはり(それとも)とても心地良くて、服装でHOYAConnectedを体験するのが確かにその他のいくつかの知能腕時計よりずっといくて、最も“堀”の知能腕時計と言えます。


Scroll To Top