ロレックスブログ2020

大胆な発想が実現した世界最薄の手巻き腕時計

ハリウッドセレブ御用達の豪華な宝飾時計ブランドという顔ともうひとつ、スイス屈指のマニュファクチュールという偉大な顔を持つピアジェ。1940年代から複雑時計と同様に高度な技術が求められる超薄型の機械式ムーブメントや超薄型のクォーツムーブメントを開発・製造してきた。

世界最薄の自動巻きウォッチや世界最薄の自動巻きミニッツリピーターなど、エレガントな超薄型ウォッチのスペシャリストとして機械式薄型ウォッチの世界記録を毎年のように更新してきたのは、時計愛好家にはよく知られた話。

そして今年2014年も、大胆な発想で、手巻きモデルとして世界最薄を実現したモデルを発表した。クルマや航空機のモノコックボディのように、ケースと歯車やバネ、カムを取り付ける地板というフレームをケースと一体化した新ムーブメント、キャリバー900Pを開発・搭載して世界最薄のケース厚3.65mmを実現したのだ。


Scroll To Top