ロレックスブログ2020

Breguetはサンフランシスコブレゲ時計展開催骨董品

今回の歴史的な協力を祝うため、ブレゲとサンフランシスコ芸術博物館はサンフランシスコ陀のはずみ車の逸品の店(Tourbillon Boutique)で行われたお祝いカクテルパーティー、来場ゲスト早めに観賞パリこちらから広場ブレゲ博物館の三枚貴重なアンティーク時計:No . 2655、No . 3519やNo . 4111。その後、祝賀活動からサンフランシスコユニオンスクエアのブレゲ逸品の店をサンフランシスコ芸術博物館、賓客夕日の夕日の中で鑑賞でゴールデンゲートブリッジの雄大な姿を楽しむ、晩餐会。その夜、ブレゲブランドのボードメンバーとサンフランシスコ芸術博物館の代表が一堂に祝い、双方は画期的な初コラボ。この先駆的な協力関係を実現するためには、同博物館の使命は、さらに表出ブレゲ保護世界芸術文化の精華の情熱、皆として重要な意義。
今回の展覧を展示することが骨董と測定ツールブレゲ時計、再現したブランドの創始者阿伯拉ハンコック-ルイ・ブレゲ(Abraham-Louis Breguet)さんは五十年のタブキャリアにをタブ業に何度も重大な革新。その中で最も有名な発明は間違いなく陀フライホイール、この革新的なデザインを懐中時計に用いて重力の不利な影響を相殺し、今すでに高級時計の象徴。今回の展覧会はまた1シリーズの経典の懐中時計、旅行の鐘、およびまれな原型の時計を持ってきて。ブレゲさんに独創精神を発明した貢献を世界にだけではなく、一枚の精密な時計の傑作、更に革新と設計の永遠の富。電力はまだ発明、パリも遠くは今日の「光の城」に位置する時、ブレゲ時計堤防(Quai de L」Horloge)39号の表を作成する工房は立ってそびえるファッション最先端と技術のピーク時計作品、カウントダウンの革命を起こし。
じゅうはち世纪末からじゅうく世紀初めから、フランス皇帝ナポレオン・ボナパルト(Emperor Napoleon Bonaparte)、ビクトリア女王(『ビクトリア)、ツァーリアレクサンダー(Tsar Alexander I)、ヨーロッパの王室の貴族はブレゲの忠実なファンを抱きしめて。ブレゲさんが一番有名な作品のひとつは番号はNo . 1枚160の伝奇懐中時計も、「マリー・アントワネット44年にわたって懐中時計」が完成し、まさにモナリザ時計領域。今日、ブレゲ歴史上有名なアンティーク時計世界各地の有名な博物館の陳列の目標と追いかけて、ロンドンサンクトペテルブルクまで、ミラノエルサレムまで。
スウォッチグループ傘下のトップとしてハイエンドタブブランド、ブレゲ総裁兼CEOのマーク・海耶(Marc A . Hayek)さんの指導の下で、当社は創始者ブレゲさんの革新的な精神を、先端科学技術とエレガントなデザイン面革新を続け、現代制のビジネスに新時代。ブレゲで最新作シリーズを採用し、革命的特許技術磁力が車軸のChronom E trie時計やは史上初枚腕時計のナポリ王妃シリーズさん表項(同表項シリーズ名源自首枚腕時計卡洛琳・缪拉客の称号はまさにブレゲない怠ける革新の証。


Scroll To Top