ロレックスブログ2020

ゲーラ苏蒂オリジナルとベルリン国際映画祭が連携して五週年

ゲーラ苏蒂オリジナルをベルリン国際映画祭同慶第65回映画祭典に、双方の協力もマークご年目に突入。は2011年ゲーラ苏蒂オリジナル初賛助ドイツ文化イベント以来、双方の協力関係を深める継続。2012年から毎年、ゲーラ苏蒂オリジナルをベルリン映画祭「透視ドイツ映画」ユニット(PerspektiveDeutsches Kino)が発行の「ドイツ製造――視角賞」(Made in Germany–Perspektive Fellowship)。そして、2014年から、この家ドイツタブ商は援助を始めベルリン国際映画祭「経典回顧」(Retrospective)ユニットや「記念」(Homage)ユニット、これらのユニットは毎年映画史の中から選ぶ位著名な監督の作品を上映違うテーマ展。
オスカー・ソロス基、2015「ドイツ製造視角賞」
いち月2015年じゅうく日、ゲーラ苏蒂オリジナルの第4回を「透視ドイツ映画」ユニット(Perspektive Deutsches Kino)「ドイツ製造視角賞授与」。オスカー・ソロス基(Oskar Sulowski)監督の映画「蕾」(Rosebuds)この賞に輝いた。彼は得じゅうご、000ユーロなボーナスのほか、獲得はゲーラ苏蒂オリジナルタブ工場学徒制作のトロフィー。また、未来の作品の創作過程の中で、アカデミー賞・ソロス基を獲得から映画の大家より成熟した指導。
今年の「ドイツ製造検討映画」シリーズの対話、引き続きゲーラ苏蒂からオリジナルを「透視ドイツユニット映画」開催。これらの対話の活動の中で、映画関係者たちを紹介して彼らの近著、解釈にその映画作品の背景を分かち合い、映画の制作や仕事の方法として、映画祭観客や記者の質問に対し。
賛助「経典回顧」(Retrospective)と「記念」(Homage)ユニット
昨年のベルリン映画祭では、オリジナルをゲーラ苏蒂を通じて「経典回顧」(Retrospective)と「記念」(Homage)ユニットを履行した自分の協力の承諾。今年の「経典回顧」は、「特芸七色」(Color by Technicolor)をテーマに。世紀前半のにじゅうで、特に芸七色この撮影技術、誇張のモジュラー配色に最盛期をいくつかの偉大な映画作品に貢献した力は、今も多くの観客に冷め令。
ベルリン映画祭「記念」(Homage)ユニットのイベントに対しても有名な監督、俳優や他の国際的に有名な映画専門の人士に敬意を表す。「栄誉金熊賞」を授与されたに違いないベルリン映画祭が佳境に入る。今年の映画祭では、ドイツヴィム・ヴェンダース監督(Wim Wenders)が2月にじゅうに日この快挙を獲得した。自2014年から、ゲーラ苏蒂オリジナルも協賛「記念」(Homage)ユニット。


Scroll To Top