ロレックスブログ2020

2010SIHHバーゼル時計宝飾展開幕

世界最大の時計宝飾展の一つで、最初にさかのぼる開催1917年のSchweizer Mustermesse Basel(MUBA)「スイスバーゼルサンプル博覧会」。今日まで発展して、バーゼル宝飾展になったジュエリー鐘のビジネスの盛大な集会。展覧会の総面積は約16万平方メートル、毎年2000人が出展し、10万専門の観衆のバイヤーと、2500人近くの国際メディア。主催側の紹介によると、中国大陸部、中国大陸部には約3000人がバーゼル、中国ジュエリーと時計業界に注目されているバーゼル展示会に関心を持っているという。
展示会の主催MCH会社。バーゼル展の規模は大きいが、管理チームは12人しかいない。展示会期間は臨時の外部資源を大量に雇用することができる。ケータリングサービス、物流、花木リースなどすべて第3者のサプライヤーから提供して。8日間の会期中、展示会の運営は順調で、プロセス管理はとても順調にやっている。
バーゼルジュエリー展は6つのパビリオン、ジュエリーブランドは主に2号館、3号機と6番館、実力が豊富、出展歴史の比較長という商都がここに設立されたブース、装飾がとても豪華である。中国の出展者の所在のろく号館は国際館は、ジュエリー、また時計ブランド。すべてのパビリオンでも位置は比較的辺鄙な上に、レイアウトも相対質素だが、集まった世界各地からのブランドを求める原料、半製品と加工プロセスのバイヤーにとって、依然として大きな魅力がある。国際館では、国の貿易組織や業界協会が出展、それぞれの国が1つを占めている。主要国は中国、タイ、トルコ、ブラジル、ヨーロッパ。その中で最大規模のパビリオンは中国から香港とタイ。香港のパビリオンは香港貿易開発局の組織、連続長年展覧会で、今年は六号館に三百のブース。タイ館はタイジュエリー商会の組織、規模は100個のブースを超え、集中して、規模の効果は明らかに。


Scroll To Top