ロレックスブログ2020

来年3月末から直営店、伊勢丹新宿店メンズ館にて発売決定

“虎”や“龍”をモチーフにすることが多い山本寛斎氏が、オニツカタイガーのシンボルである“虎”をロンドンの直営店「オニツカタイガー ロンドン」で目にしたことがきっかけで実現した本企画。両者によるコラボレーションはこれが初となる。

登場したシューズは、オニツカタイガーを代表するアイテム「メキシコ66デラックス」と「メキシコミッドランナーデラックス」。山本寛斎氏がパプアニューギニアを訪れた際にインスピレーションで受けたとされる、原色の黄色や緑、鳥の羽根、レオパード柄、明治期から昭和初期にかけての着物のパッチワーク柄を、デジタルプリントしたカラフルでエネルギッシュなデザインが特徴だ。また、山本寛斎氏は「コロラド エイティファイブAP」のメタリック素材を使用したシューズを着用してファッションショーに登場。このショーで発表されたシューズの一部は、2014年3月末からオニツカタイガーの直営店、および伊勢丹新宿店メンズ館にて発売されるという。

ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館にておこなわれた「Fashion in Motion Kansai Yamamoto」は、山本寛斎氏のこれまでの集大成かつ原点回帰として開催されたショー。「婆娑羅(ばさら)」をテーマに、安土桃山南北朝時代の南蛮絵図にも描かれている服装の美意識を表現。古い伝統と現代の日本のあらたな技術を融合させたコレクションを披露した。


Scroll To Top