ロレックスブログ2020

芝居の中で安琥創業辛酸涙なく時計狂すくい投資金

映画『橘子』第二部作、友情篇『意地っ張りの夢』が、2位とじゃが芋とジャガイモの2大映像でスタートした。日光安琥かっこいいの大きい男の子で映画「男男激情」で上演され、述べて1段の大学卒業から入力インターネット創業波の良い兄弟創業道中の血の涙。この段に友情の創業物語は更にその出品者许朝军及び多く20代の創業者の現実の縮図。
は圏やファンの目の中でずっと司会者、おしゃれな人としてデビューした安琥、今回の自己イメージを根本から覆す。は宅急便、街角の行商人が、ホテル帮厨など多種もがくじゅうは社会の底の小人物役に変換し、なめ人間模様。内外の安琥で、成功の創業者の一人として、未来は成功投資付加価値巨大空間の腕時計プロジェクトが、台灣とある周姓天王が不愉快投資衝突。
によると熙康内部従業員によると、周姓日王派アシスタント密会熙康会社の幹部は、研究投資発売腕時計と同時に、安琥も他のルートを通じてと熙康提携交渉。でも最後に調印時、熙康を選択していないではなく周姓天王安琥、主な問題は協力の双方の利益の分配に。熙康時計として科学技術圏の著名ブランドの販売として、しかし製品の生産と科学技術の研究開発の方面の費用も大きな、基本とサムスンGear同レベル、殘りして金を儲けるの投資側の利益は非常に小さい空間。周姓天王は最近コンサートの映画の撮影にも狂なものなので、引き続き短い時間の内に投資収益を小さい大きいプロジェクトを迅速に資金回血。周姓天王はファンの人気が盛んで、しかし熙康の幹部も触れ、品質を価格ライン。双方が周姓天王撤退後、しようがないことしかできない他の方向を振り返る。


Scroll To Top